生え際の発毛には肉類を適度に食べましょう

肉や揚げ物は食べ過ぎに注意

生え際の発毛を促進したいと思っている人は普段の食生活に少し気を使う必要があります。
肉類や揚げ物類、辛い物、お菓子などを食べると頭皮の皮脂が分泌されて毛穴がつまり、更に抜け毛が進行する可能性があります。
これらは食べ過ぎるとよくありませんが、実は肉に含まれている栄養素が育毛のためにはぜひ摂取したいものがあるのです。

 

例えばレバーに多く含まれている「亜鉛」はAGAを起こす男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できます。
更にレバーに含まれていれる「ビタミンA」は体の老廃物を排出することから毛穴に詰まった皮脂などの汚れを排出する効果頭皮の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

 

また肉類全般に含まれている「タンパク質」は髪を作る元であり、摂取することで育毛効果が期待できます。

多くの栄養素をまんべんなく摂取する

ちなみにタンパク質には動物性と植物性があり、多く摂取するのであれば肉類や魚類の動物性タンパク質よりも大豆製品の植物性タンパク質の方がおすすめです。

 

もちろんタンパク質だけを多く摂取しても髪まで栄養が行き渡りません。
頭皮の血流がよくなって栄養素が髪まで運ばれることで初めて育毛効果があるため、多くの栄養素をまんべんなく摂取することを心掛けましょう。

生え際の発毛をストップさせる悪しき生活習慣とは

夜の22時〜2時は必ず眠るようにする

生え際は薄毛が進行しやすい環境が整った場所です。
これ以上薄毛が進行することをストップさせ、発毛を促進するためには好ましくない生活習慣を改善しなくてはなりません。

 

例えば人間の体はストレスを感じることで硬くなり、それにより血管が収縮して血流が悪くなることで栄養が髪まで運ばれなくなります。
ストレスの全くない生活を送ることは難しいと思いますが、できるだけ減らすことは可能だと思います。

 

また夜の10時から夜中2時までは髪が成長するためのホルモンが分泌されやすい時間であり、この時間に眠らないと髪が成長しにくくなります。
毎日この時間に眠ることは難しいと思いますが、週に何度かはこの時間に眠ることを心がけましょう。

 

更にタバコに含まれているニコチンも血管を収縮する作用があり、髪まで栄養が運ばれなくなります。
タバコに関しては健康にもよくありませんのですぐにやめることをおすすめします。

タバコは健康にも髪にも良くない

一方で適量のアルコール血流を促進する効果があると言われています。
お酒を飲むと肝臓で分解されますが、お酒を大量に飲むと肝臓で分解される時に体内のビタミンB2を大量に消費します。
ビタミンB2は育毛のためには欠かせない栄養素であり、育毛のために使われなくなってしまうためお酒は適量に抑えるようにしましょう。